そこまではっきり言わんでも言いのジャマイカ
放浪の民になりました。
あちらこちらうろうろ~
そのうち、帰ります
しばらくはこのままいます
最近、急激な冷え込みが訪れ、秋から冬になりつつありますね。
地下の魔女バー様の楽園にもぐり、幾星霜。
時々、ウィンクしたり、叫んだりする日々です。
暗視スコープをつけた生活にも慣れました。
名刺もたまに頂いたりします。
あ、契約書にサインしろと迫られることもあります。
とりあえず、近況の写真と砂をお送りします。
あと一歩でこの地下楽園から開放されそうです。
それでは、また。
時計B4
そこは暴走列車と脱線事故が多発する危険地帯
素人にはお勧めしません.
そんな時計B4にヒカルまで籠もることほぼ確定気味orz
ああ,後ろに見たこと有るような無いような修道僧ガガガガガガ
人知未踏の地,ウンバラ
コードネームで言うと雲原だったりします.
そんなウンバラにはいろいろな仕掛けが一杯.
簡単に列挙してみると
・シャイな人が多い=話がかみ合わない
・仮面をかぶらないと話ができない=かぶるだけでなくて,村長のご機嫌取らないとダメ
・固めた石を細かく砕いてくれる=時々細かく砕きすぎる模様
マア,ナンテシンセンナトコロナノデショウ(片言
そんなウンバラで一番人気なのは,バンジージャンプ!
バンジージャンプとはどんな物か,簡単に説明すると,
そもそもは平行世界である三次元空間にある南太平洋バヌアツ共和国バヌアツ島の成人儀式.
その儀式をスポーツとした創始者は,ニュージーランドのA・J・ハケット氏.
彼が1978年に,果敢にもパリのエッフェル塔からダイブしたのがキッカケでスポーツとして普及.
オーストラリアでは高い人気をほこっており,ニュージーランドには政府公認のインストラクターもいる.
神々の黄昏世界でのバンジージャンプは雄叫びをいかに競うか,というのが建前である.
現地の話によると,肉体から魂を解放することにより,見えないところに入れるという・・・
民明書房刊
『ここさよいとこウンバラおいで』より
マア,ナンテスバラシイスポーツナンデショウ(片言
皆様も一度おいでませ♪
<追記>
多数の死者を出し,その埋葬代がかさみすぎ,現在バンジージャンプは村公営ではなく,野ざらしになっています.
利用者が全くいない今こそ,真のジャンパーの活躍するときではないのでしょうか?
なお,村起こし活動の失敗により,村長の立場はより悪化したとの話です.
日夜,額に汗して自己研鑽する中,あろうことか町中で暴挙にでるものが増えている.
事件が起きたのは,5月上旬のこと.
その日も町中を踊り子と聖職者が町をぶらぶらしていた.
突然,その二人の前に,悪漢と狩人が現れた.
狼藉者二人は目の前にいた踊り子と聖職者に絡み始めた.
「あまり気乗りしなかったのですが,無意に断るのも悪いと思って,二言三言お相手したのです(踊り子談)」
その二言三言がよくなかったのだろうか?
狼藉者二人はさらに絡み,そのうち信じられない行動に出た.
なんと,枝を折ったのである.
「こっちが興味ないのに強引に絡んでくるのって信じられます?場の空気が読めない人に用はないです(聖職者談)」
召還した魔物を使って,脅そうとしたのだろうか?
しかし,この場合,相手が悪かった.
普通のか弱い町娘ならともかく,相手も同業者であることに気づかなかったのだろうか?
「普通の踊り子さんとはちょっと違いますし(踊り子談)」
「無理強いする相手に施しを与える必要はないと,主もお許しになるでしょう(聖職者談)」
二人の狼藉者はあえなくご用となった.
このような状況に類似した物は,最近多い.
皆様方も巻き込まれぬよう用心しよう.(プロンテラ日報)
毎度おなじみ,アルマテレホンショッピングのお時間です.
今日のお買い得品はこちら!
『天使と悪魔のラブソング(ゑ』
効果は
・にゃ~と叫べます
・ぺしぺしと鞭でしばきます
・某マゾぷりと百合漫才できます
これぞ究極の嗜好品!
なお,製品完成予定日はオサッシクダサイ
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
過去ログ
19
2017年
1
2017年11月
1
2017年10月
2
2017年09月
1
2017年08月
1
2017年06月
3
2017年05月
2
2017年04月
3
2017年03月
1
2017年02月
4
2017年01月
18
2016年
2
2016年11月
2
2016年10月
2
2016年09月
1
2016年08月
1
2016年07月
1
2016年05月
4
2016年03月
1
2016年02月
4
2016年01月
31
2015年
1
2015年12月
2
2015年10月
2
2015年09月
2
2015年08月
2
2015年07月
4
2015年06月
4
2015年05月
3
2015年04月
6
2015年03月
2
2015年02月
3
2015年01月
53
2014年
5
2014年12月
4
2014年11月
5
2014年10月
4
2014年09月
5
2014年08月
3
2014年07月
3
2014年06月
6
2014年05月
6
2014年04月
4
2014年03月
5
2014年02月
3
2014年01月
92
2013年
5
2013年12月
5
2013年11月
4
2013年10月
5
2013年09月
2
2013年08月
5
2013年07月
7
2013年06月
8
2013年05月
13
2013年04月
13
2013年03月
10
2013年02月
15
2013年01月
143
2012年
20
2012年12月
20
2012年11月
17
2012年10月
14
2012年09月
11
2012年08月
3
2012年07月
13
2012年06月
12
2012年05月
19
2012年04月
6
2012年03月
3
2012年02月
5
2012年01月
75
2011年
6
2011年12月
5
2011年11月
8
2011年10月
8
2011年09月
2
2011年08月
3
2011年07月
8
2011年06月
15
2011年05月
6
2011年04月
6
2011年03月
3
2011年02月
5
2011年01月
35
2010年
1
2010年11月
2
2010年10月
2
2010年09月
6
2010年07月
3
2010年06月
4
2010年05月
2
2010年04月
4
2010年03月
6
2010年02月
5
2010年01月
45
2009年
7
2009年12月
2
2009年11月
5
2009年10月
2
2009年09月
3
2009年08月
4
2009年07月
1
2009年06月
2
2009年05月
5
2009年04月
3
2009年03月
5
2009年02月
6
2009年01月
61
2008年
3
2008年12月
5
2008年11月
2
2008年10月
10
2008年09月
3
2008年08月
5
2008年07月
5
2008年06月
2
2008年05月
5
2008年04月
7
2008年03月
8
2008年02月
6
2008年01月
81
2007年
7
2007年12月
6
2007年11月
6
2007年10月
5
2007年09月
7
2007年08月
6
2007年07月
6
2007年06月
8
2007年05月
8
2007年04月
3
2007年03月
6
2007年02月
13
2007年01月
94
2006年
6
2006年12月
9
2006年11月
9
2006年10月
8
2006年09月
7
2006年08月
9
2006年07月
8
2006年06月
3
2006年05月
6
2006年04月
13
2006年03月
8
2006年02月
8
2006年01月
67
2005年
5
2005年12月
5
2005年11月
7
2005年10月
4
2005年09月
6
2005年08月
6
2005年07月
2
2005年06月
5
2005年05月
7
2005年04月
8
2005年03月
7
2005年02月
5
2005年01月
101
2004年
6
2004年12月
8
2004年11月
13
2004年10月
10
2004年09月
5
2004年08月
7
2004年07月
12
2004年06月
7
2004年05月
6
2004年04月
4
2004年03月
12
2004年02月
11
2004年01月
125
2003年
17
2003年12月
9
2003年11月
13
2003年10月
13
2003年09月
18
2003年08月
12
2003年07月
16
2003年06月
10
2003年05月
2
2003年04月
3
2003年03月
3
2003年02月
9
2003年01月
125
2002年
2
2002年12月
17
2002年11月
18
2002年10月
21
2002年09月
11
2002年08月
12
2002年07月
4
2002年06月
3
2002年05月
8
2002年04月
17
2002年03月
12
2002年02月
ネンカラス西館 アルマ亭 - in Loki Server - [ http://www.ahlma.jp ]
Powered by Ahlma.Blog