秋になるとありがちなのが17時くらいからのローカルニュース番組で
アナA:秋といえば色々ありますがBさんは食欲の秋ですよね~w
アナB:何言ってるんですか~(怒)
みたいなのがあるわけなのですが、まだ暑い秋に食欲とか沸くわけないじゃないですか冬ですよ><
最近話題の黄金比率プリンとか、ロー○ンのプリンクレープとかモンブランプリンとか買い食いしちゃうのも冬のせいであって天災的なものです。軽くヤバイ。
大量のぽりんを眺めてるとプリン分が不足してくるような気がしつつプリン話題を。あまりにかわいらしいポリンなので命名まで済ませたけど、メンテで全滅したので11匹で打ち止め。
サベージ取り巻き付きポリンが最後まで生き残ってたような気がするけどGvは出れなかったのでどうなったかは知りません。
RO - GvG
(゚w゚)ノ 新エンペです だいじにつかってね
なにやらセイレンが参戦してました。(このあとスタッフが美味しく頂きました)
それよりも金魚大好き!嘘でも皮肉でも無くもう本気で好き!だってこれからは遠慮無しでいけるもの><
これからも色々と楽しくなりそうです。
c4の流れとしては
攻め中に背後から金魚→予想通り金魚が攻め排除→反撃→金魚から攻撃止め宣言→じゃあこっちも止め
ここでこっちの攻撃が止まったのを合図に金魚の攻撃再開とかひどい戦略ですね。背後から刺された感は否めません。しばらくの間無抵抗でピアース連打させてたのはひどいMプレイ。反撃しても良かったけど「攻撃停止宣言」した手前攻撃するのは頭悪い子感がするのでやめておきました。
「汚い連中にも筋を通して勝つから格好いいんぢゃねーのか大将」
細かい部分は違うけど割と好きな台詞なのです。これは戸○呂スレに乗らないのでしょうか~。
そしてラストV5
エンペルーム入ったときすでに攻めが2ギルドくらいEMC通っててちょっと諦めモードONしてたけど頑張りました。主に他の人が。
また超々長文だら記
勿論、読み終わっても何の学にもなりません。
最近AGI低めSBrAX使ってたんで、久々に1stの様なAGIカンストアサやりたくなって6人目のアサをまたりペースで育ててますw。
FLEE高いキャラはどこでもふらふらと行けるのが楽しい。
当時より環境も随分変わったし、なんといっても「ひよこ」の効果が大きい。
倉庫にはカタルが少しだけで、武器といえばほぼ短剣なのだが、これを機会にカタル武器でもそろえてみるかな。
勿論、ひよこは借り物だがなwww高くて買えねwww
つかカタルでのDAって普通にDAバシブスキル取ったら使えるようになってもイイと思いませぬか?w
属性カタルにS3とかってのも、「実装はしたがバランス考え直したらこれくらいだよね」って事なんじゃw遅いよw
・・・・そしてふと考える。
6人もアサ作ってるのはいいんだが、ROにはもっと豊富なキャラがいる。
俺ってROの楽しさを一部しか味わってないんじゃないだろうか。
俺の作ったキャラって・・・
 あさちん1~6:1体デリ。2体AX。
 ハンタ1:β1時代にアサ用ダマスカスが欲しくて女王専用機として
      バッタ崖打ちで育てたあちょ。
      β2でハンタに転職したものの、荷物の持てなさとアサより
      被弾するのが辛くデリ。
      でも女王からダマ2本取ってくれたw
      鷹ハンタとかやってみたいんだが、β2当時最強すぎて、
      「当たらないと鷹飛ばない」「罠師乙」パッチが
      きてしまった。
      結局大半はD=Aステ、そろそろ仕様元に戻してバリエーション
      増やしてもいいんじゃないかね。
      プロ北でシャアを罠一撃で倒してた罠師は元気だろうか。
      ハンタなにやってもツエーと憧れたもんだがw
 プリ1:シフ育てる為、ピラ4直ポタが欲しくてアコ作成。
     プリ転職後、アサへの辻支援用にスキルを取るが現在休止。
     装備無し。
 WIZ1~3:β2当時、ハンタ最強でPTにて役目がなかったアサ。
       PT狩り用として作成するも固定QMSGと毎回被弾が
       肌に合わずデリ。
       計3体作成するも2体デリ。
       Gv用に育てたいと1体残ってるがLV50台で休止。
       装備無し。
 BS1:アサが拾ってくる物を売る為に作成。露店レベルで休止。
     装備無しw
 sage1~2:一応2垢あるんで、両垢にアサ付与用に作成。
       付与レベルで休止。装備無し。
これしか作った事ないわw
2-2職とかsageしかないしw
騎士系やったことないしw
殆どが「アサの為に作った」だしw
忍者,ガンスリ,リンカ???w
ちょっと反省して、新職(今更w)であるバードに挑戦しようと考えギルメンに相談。
ハンタ並みの火力があってブラギ支援とかできるし、いいんじゃねこれ?って単純思考。
・・・・ブラギにINTっているんだ、知らなかったよ、断念中w
知識的にアサの事をぎりぎり知ってる位で、他職の事はまったく知らんしな。
月の何?奇跡が何?カー系?モンスがなんかエフェクトだしたけどあれ何?って状態。
新キャラ作っても装備揃える金が無いのもいけないんだけどね。
まあまただらだらとあさちんでも育てつつ、飽きたらボーっと生活します。
それでも、「自動でヒュンヒュン飛んで斧投げて戦うBOTじゃないよAIだよ」
っていうのよりはマシな気がします。
氷D1とかで狩りしてて凹みましたw
辻支援は大歓迎です(・ω・)ノ
ほらオチも何もないw
(・ω・)ぽりーん
途中でモロク地下牢に転送される場面があるのですが
whereで場所確認するとSSにある通り
モロク城内→ラヘル室内 
に移動してるとかトンデモ設定。とりあえずきのこワープで確認したら普通にラヘル街に移動可能に。
普段ならこれだけで10分間はギャグにできる訳ですがそれは省略
あとは余談でも
清算時に受け取ろうとしたゼニーの量を見てみたら「15z」とか表示されて、普段ならこれだけで三日は笑い転げる事ができるくらい衝撃的なお話でした(´¬`
RO - GvG
今週のGv開始時は準備終わったのが
19:58
な上に忘れ物が数点あったという割と日常的にあわただしくこれが師走なのですね(´¬`
時間無かったので場所選ぶ暇もなくVポタが出てたのでとりあえずVから。V3砦前を見て、そのまま受け流して、その勢いでV1スタート。
このときは何故か勢い余って全排除モードに。ノートの記憶でも蘇ったような人の変わりようです。数分間EDP全開で防衛してたら会長が
「Mさん飯はまだかのう?」「さっき食べたでしょw」「そんなこと言って食わせん気かなんて酷いMぢゃ~」
とか言われたのでしょうがなく帰還。
c3攻めてた時は
ER橋手前でSG受けてるときにFBでお亡くなりになりましたが、風アンフロだと読まれたのか流石、知的でちょっぴり(/ω\) ハジュカシィー(照れ屋)で結果の(ry
v4
感想としては「別に・・・」といった感じ。過去の件で言うとC3とかB5の時みたいに「どこかが確保しようとしてるところを割る」のが楽しいわけで、今回は割るだけで終わりといった感じですね。
開始時にりぬ~いな人がこっちを情熱の瞳で見つめていたのでPTに入れちゃいました><。でもギルドもセーブポイントも違うから一度も砦内で会ってないような気も。
5周年でございま~す
ゲーム内カウントはどう考えても時間がずれてたり、GMが漢字間違ったりで・・・いつものことですが。
襲撃モンスターはバフォメット兄弟?というよく分からない謎モブ。取り巻きに生体3の人達。オーラカトリもうちょっと落ち着いてください。
とりあえずフェイ終わったあとにゲフェ。ADSがさっぱり効果ないので適当に観戦と応援してたらMVP表示が出てドロップが「紫箱、血枝、アクセ」でとりあえず群がったら
アクセサリ1個獲得
とかでちゃってもう見てらんない(´¬`。低回線でもやればできる子なのですね
RO - GvG | 雑記
いつものようにウィンドウショッピング(見るだけ)をしようと街に出たら人だかりが。なにかイベントかと思ったらGM降臨らし。
話が広がらないのでGv話
今回は会長から「あんたPT作りなさいよ!ばしばし!」「すみません義母様w」「何がおかしいのよ!ばしばし!」
ということがあってPT命名→「Necropotence」
ネクロなんちゃらが何かと言うとMTGのカードの1枚であるのです。ライフ1点支払い毎にカード1枚ドローで、某漫画説明では「超自虐的」らしいのです。選んだ理由はそれだけです。
ロキ鯖でMTGといえばBlack Lotusがあるわけですがこっちは全カードの中で最高の価格になるらしいのです。マジックの黎明期に存在したパワー9の1つ。(Wikiより)
長々と書いたわけですが某漫画+Wikiの知識なので大雑把に。次もPT命名があればMTG関連になることも?
さて、Gvの開始はB砦MAPうろうろしてたらB2が放棄っぽいのでB2スタート。
1回割って攻めを待ってたらリンカが来て
あ、スペースなくなってきたので続きはwebにて
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
過去ログ
19
2017年
1
2017年11月
1
2017年10月
2
2017年09月
1
2017年08月
1
2017年06月
3
2017年05月
2
2017年04月
3
2017年03月
1
2017年02月
4
2017年01月
18
2016年
2
2016年11月
2
2016年10月
2
2016年09月
1
2016年08月
1
2016年07月
1
2016年05月
4
2016年03月
1
2016年02月
4
2016年01月
31
2015年
1
2015年12月
2
2015年10月
2
2015年09月
2
2015年08月
2
2015年07月
4
2015年06月
4
2015年05月
3
2015年04月
6
2015年03月
2
2015年02月
3
2015年01月
53
2014年
5
2014年12月
4
2014年11月
5
2014年10月
4
2014年09月
5
2014年08月
3
2014年07月
3
2014年06月
6
2014年05月
6
2014年04月
4
2014年03月
5
2014年02月
3
2014年01月
92
2013年
5
2013年12月
5
2013年11月
4
2013年10月
5
2013年09月
2
2013年08月
5
2013年07月
7
2013年06月
8
2013年05月
13
2013年04月
13
2013年03月
10
2013年02月
15
2013年01月
143
2012年
20
2012年12月
20
2012年11月
17
2012年10月
14
2012年09月
11
2012年08月
3
2012年07月
13
2012年06月
12
2012年05月
19
2012年04月
6
2012年03月
3
2012年02月
5
2012年01月
75
2011年
6
2011年12月
5
2011年11月
8
2011年10月
8
2011年09月
2
2011年08月
3
2011年07月
8
2011年06月
15
2011年05月
6
2011年04月
6
2011年03月
3
2011年02月
5
2011年01月
35
2010年
1
2010年11月
2
2010年10月
2
2010年09月
6
2010年07月
3
2010年06月
4
2010年05月
2
2010年04月
4
2010年03月
6
2010年02月
5
2010年01月
45
2009年
7
2009年12月
2
2009年11月
5
2009年10月
2
2009年09月
3
2009年08月
4
2009年07月
1
2009年06月
2
2009年05月
5
2009年04月
3
2009年03月
5
2009年02月
6
2009年01月
61
2008年
3
2008年12月
5
2008年11月
2
2008年10月
10
2008年09月
3
2008年08月
5
2008年07月
5
2008年06月
2
2008年05月
5
2008年04月
7
2008年03月
8
2008年02月
6
2008年01月
81
2007年
7
2007年12月
6
2007年11月
6
2007年10月
5
2007年09月
7
2007年08月
6
2007年07月
6
2007年06月
8
2007年05月
8
2007年04月
3
2007年03月
6
2007年02月
13
2007年01月
94
2006年
6
2006年12月
9
2006年11月
9
2006年10月
8
2006年09月
7
2006年08月
9
2006年07月
8
2006年06月
3
2006年05月
6
2006年04月
13
2006年03月
8
2006年02月
8
2006年01月
67
2005年
5
2005年12月
5
2005年11月
7
2005年10月
4
2005年09月
6
2005年08月
6
2005年07月
2
2005年06月
5
2005年05月
7
2005年04月
8
2005年03月
7
2005年02月
5
2005年01月
101
2004年
6
2004年12月
8
2004年11月
13
2004年10月
10
2004年09月
5
2004年08月
7
2004年07月
12
2004年06月
7
2004年05月
6
2004年04月
4
2004年03月
12
2004年02月
11
2004年01月
125
2003年
17
2003年12月
9
2003年11月
13
2003年10月
13
2003年09月
18
2003年08月
12
2003年07月
16
2003年06月
10
2003年05月
2
2003年04月
3
2003年03月
3
2003年02月
9
2003年01月
125
2002年
2
2002年12月
17
2002年11月
18
2002年10月
21
2002年09月
11
2002年08月
12
2002年07月
4
2002年06月
3
2002年05月
8
2002年04月
17
2002年03月
12
2002年02月
ネンカラス西館 アルマ亭 - in Loki Server - [ http://www.ahlma.jp ]
Powered by Ahlma.Blog