RO - GvG
とりあえず皆さんにイロイロな場所へ連れて行ってもらいました。
やっぱ居心地よかったです。
またちょくちょく帰ってきますね。
んでやっぱ一番印象深かったのが攻城戦かな・・
21時55分でアルマ亭がv1を占領したときはもう勝ったと思ったね。
なんかラグもほどよくおきてくれたし。
なのになぁー。
なんだかなぁー。
あと10秒もなかったのになぁ~。
おかしかった。
また来週も参加します(`A')ゝ
もはや日課となったSDで青箱狩り。
経験値効率もよく、軽く1時間以上こもれるのがよい。
ところが今日、SDに入ってみると・・
そこは暗黒の世界でした( Д ) ゜゜
リログしてもなおらず、PC再起動しても同じ。
グラボが悪いのか・・?
買い換えたばっかりなのに・・?
Testa=Zerberusさんに話してもまったく信じてもらえず、
とりあえず進むことに。
壁がなくて本当に迷路みたいでした。
なんとか地図と長年の感覚を頼りに2Fへ到着、
2Fから先はちゃんと明るくみえました。
。oO(ちなみにこの日の青箱はカースアロー( ´_ゝ・:'.,.
RO - GvG
本日はじめて攻城戦っぽいのに参加してきました。
前回のエンペレースのノリで突撃。
今度はしっかりと防御がはってあり、本格的でした。
しかし時間がたてば崩れるもの。
さりげなくコソコソとエンペ部屋へ進入。
なんだ。画面がなかなか読み込めないな。
って読み込み終わったら死んでるし!
ウィルス監視ソフト消したりイロイロ簡略化してPCの処理を最小限に。
んで再び突撃。
なんとかスキル1~2発うつ余裕はできた。
が、所詮BB、華麗なるガーターを決めて終わった。
ようやく昔の感覚がもどってきた今日この頃。
ジョーカーとミミック対策にマミーカードを集めるも3枚目で資金が尽きる。
これは拾うしかないとピラ4へ。
ドーピング2本目に突入してまもなく、豪華な頭装備の面々がでてきたので
オシ時間と悟る。
っとそのとき!
モンハウの中にアクセサリが落ちている!
だれもいないことを確認しつつBOT級の直進でGET>マタ輪1個獲得
ネックレス期待したのに(´・ω・`)
っとそのとき!
画面右下を大量のイシスが!
オシだ!と思ってもとりあえず囲まれてるザコを処理。
あぁ。SPつきた。
みんながんばってくれ。俺は多分SPあっても戦わないだろう。
よそみしてたらふと足元にカードが。
おもむろに拾い上げてSSゲッツ!
と同時にオシ撃沈
なんかイイタイミングなんで記念記念。
廃兄貴とハァハァと◎時間ほど戯れ、我々は清算をすることになった。
収集品がとんでもない数となり、赤こうもりの羽1kUP、兄貴の証1kUPとなった。
が、、、コレハイッタイ・・・
ガンホーマジック恐るべし・・・
ガンホー、ついに表示名まで操れるようになりました。
・・・む、もともとか・・・
祭りです。
今だからこそ、普段できないネタを。
装備品は既に全部捨てました、もう何もできません。
フィールドいっても狩られるだけ。
街歩いてても軽く狩られます。
見てて楽しいですけどね。
なので各地の祭り状況を見てきました。
どこも大騒ぎです。
毎日イベントやってれば楽しいですがね~。
今回の祭りで、βの頃を思い出しました。
みんなでタコ殴り。やっぱコレだね。
戦闘型のくせに4勝1敗という勝率っ!
おそるべしっ、ゴキタンっ!

光り輝く金髪、逞しい肉体、振り下ろすハンマーのしなやかさ、爛々と燃え盛る灯をともした眼光っ!
もうたまらないねっ!キャーキャー(黄色い声

アルマ亭の皆っ、鉄だろうが鋼鉄だろうが、とにかくゴキタンに渡すんだっ!
そうすれば色々な物を作ってくれるぞっ!
さぁ、君も今すぐゴキタンに Let's Dive!!!!



あぁ、扇動はするけど保障はしないから、そこんとこよろしくヽ(´Д`)ノ
POMヽ(´Д`)ノをアルマの☆にすべく、
突如みんなでピラ4へ行ってきました。
序盤は順調にみえた狩りだったが、
なにを思ったか突如若が暴走した。
なんでもあと5%でレベルアップとのこと。
暴走した若は熱い!
想像をはるかにこえる火の山の数々!
そして燃え尽きる若。
5%であがる経験値は10%ほど稼ぐことに。
最強の吸収生命体となった若の完成された姿が、
今ここに!
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
過去ログ
19
2017年
1
2017年11月
1
2017年10月
2
2017年09月
1
2017年08月
1
2017年06月
3
2017年05月
2
2017年04月
3
2017年03月
1
2017年02月
4
2017年01月
18
2016年
2
2016年11月
2
2016年10月
2
2016年09月
1
2016年08月
1
2016年07月
1
2016年05月
4
2016年03月
1
2016年02月
4
2016年01月
31
2015年
1
2015年12月
2
2015年10月
2
2015年09月
2
2015年08月
2
2015年07月
4
2015年06月
4
2015年05月
3
2015年04月
6
2015年03月
2
2015年02月
3
2015年01月
53
2014年
5
2014年12月
4
2014年11月
5
2014年10月
4
2014年09月
5
2014年08月
3
2014年07月
3
2014年06月
6
2014年05月
6
2014年04月
4
2014年03月
5
2014年02月
3
2014年01月
92
2013年
5
2013年12月
5
2013年11月
4
2013年10月
5
2013年09月
2
2013年08月
5
2013年07月
7
2013年06月
8
2013年05月
13
2013年04月
13
2013年03月
10
2013年02月
15
2013年01月
143
2012年
20
2012年12月
20
2012年11月
17
2012年10月
14
2012年09月
11
2012年08月
3
2012年07月
13
2012年06月
12
2012年05月
19
2012年04月
6
2012年03月
3
2012年02月
5
2012年01月
75
2011年
6
2011年12月
5
2011年11月
8
2011年10月
8
2011年09月
2
2011年08月
3
2011年07月
8
2011年06月
15
2011年05月
6
2011年04月
6
2011年03月
3
2011年02月
5
2011年01月
35
2010年
1
2010年11月
2
2010年10月
2
2010年09月
6
2010年07月
3
2010年06月
4
2010年05月
2
2010年04月
4
2010年03月
6
2010年02月
5
2010年01月
45
2009年
7
2009年12月
2
2009年11月
5
2009年10月
2
2009年09月
3
2009年08月
4
2009年07月
1
2009年06月
2
2009年05月
5
2009年04月
3
2009年03月
5
2009年02月
6
2009年01月
61
2008年
3
2008年12月
5
2008年11月
2
2008年10月
10
2008年09月
3
2008年08月
5
2008年07月
5
2008年06月
2
2008年05月
5
2008年04月
7
2008年03月
8
2008年02月
6
2008年01月
81
2007年
7
2007年12月
6
2007年11月
6
2007年10月
5
2007年09月
7
2007年08月
6
2007年07月
6
2007年06月
8
2007年05月
8
2007年04月
3
2007年03月
6
2007年02月
13
2007年01月
94
2006年
6
2006年12月
9
2006年11月
9
2006年10月
8
2006年09月
7
2006年08月
9
2006年07月
8
2006年06月
3
2006年05月
6
2006年04月
13
2006年03月
8
2006年02月
8
2006年01月
67
2005年
5
2005年12月
5
2005年11月
7
2005年10月
4
2005年09月
6
2005年08月
6
2005年07月
2
2005年06月
5
2005年05月
7
2005年04月
8
2005年03月
7
2005年02月
5
2005年01月
101
2004年
6
2004年12月
8
2004年11月
13
2004年10月
10
2004年09月
5
2004年08月
7
2004年07月
12
2004年06月
7
2004年05月
6
2004年04月
4
2004年03月
12
2004年02月
11
2004年01月
125
2003年
17
2003年12月
9
2003年11月
13
2003年10月
13
2003年09月
18
2003年08月
12
2003年07月
16
2003年06月
10
2003年05月
2
2003年04月
3
2003年03月
3
2003年02月
9
2003年01月
125
2002年
2
2002年12月
17
2002年11月
18
2002年10月
21
2002年09月
11
2002年08月
12
2002年07月
4
2002年06月
3
2002年05月
8
2002年04月
17
2002年03月
12
2002年02月
ネンカラス西館 アルマ亭 - in Loki Server - [ http://www.ahlma.jp ]
Powered by Ahlma.Blog